荷づくりのコツ

ご自分で荷づくりをされるお客様へ、プロからのアドバイス。手順としては、まず資材集めから。
そして、新居の配置を決めた上で荷づくりしましょう。

  • 資材集め
  • 新居配置決め
  • 荷づくり

荷づくりは不用なものを処分する絶好の機会でもあります。ぜひスッキリした荷物で新居に移りましょう。

※「らくらくタイムリーサービス」をご利用のお客様は、弊社が資材の準備をいたします。
また、オプションで荷づくりサービスをご利用のお客様は、弊社が小物の荷づくりをいたします。

まずは資材道具集めから

引越の際は大量の段ボールが必要になります。弊社でも販売しておりますが、ご自宅の近所のスーパー、コンビニ、薬局などで不用な段ボールを譲り受ける方法もあります(各店にお尋ねください)。その他、下記の道具があると便利です。

  • ・新聞紙
  • ・ごみ袋・ビニール袋
  • ・雑巾
  • ・油性マジック
  • ・軍手
  • ・ひも類
  • ・工具箱
  • ・ガムテープ
  • ・エアキャップ
  • ・はさみ、カッター

荷ほどきをラクにしましょう

荷物は、新居での家具の配置を決めてから分類します。収納する家具や使う部屋ごとにまとめ、「搬入場所」「中身」「注意書き」をダンボールの上と横に表記しておくと、搬入も荷ほどきもスムーズに進みます。

荷づくりのコツ

引越の片づけは、新居に到着してすぐに終わるわけではありません。「すぐに開けるもの」「日常生活に必要なもの」「いつでもよいもの」などの優先順位をつけ、箱にはっきりと書いておくと便利です。赤ちゃんのいるお宅では、ミルクやおむつなどは、手持ちのリュックなどに。常備薬、石けん、トイレットペーパーなどは「すぐに開けるもの」に入れて分別しておくと便利です。
弊社で「らくらくタイムリーサービス」をご利用のお客様は、お役立ちツール「内容表示シール」をご利用いただくと、荷ほどきが断然ラクになります。

大切な荷物の梱包

大きなもの、重いものの梱包

  • ふとん

    たたんで重ね、上からふとん袋をかけてひっくり返します。(ワレモノは決して入れないこと)

  • 書籍類

    百科事典などの重いものは小分けにし、サイズをそろえてダンボールへ入れます。

  • タンス類

    中身を出しておきます。和服は浅い衣裳箱に平らに入れます。

危険物の取り扱いと梱包

  • 刃物

    厚紙にはさみ、布テープを巻いて箱に入れます。

  • 陶磁器・ガラス類

    一つずつ柔らかい紙で包み、箱には隙間をつくらないようにします。コップなどはタテにします。

  • 額・パネル・美術品等

    柔らかい包装紙で包み、他の荷物と分けて搬入します。高価なものや壊れやすいものの梱包は、オプショナルサービスをご利用ください。

  • びん類

    フタをしてビニール袋に入れ、1本ずつ新聞紙で巻きます。箱には立てて入れ、隙間に新聞紙を詰めて固定します。

電化製品の取り扱い

  • 洗濯機

    排水ホースは固定。アースや電気コードは洗濯機の中に入れておきます。

  • 照明器具

    購入時の箱、もしくはダンボール箱に、新聞紙で包んだシェードや電球を入れ、隙間に新聞紙などを詰めて固定します。

  • ステレオなどの配線

    配線ははずしてまとめ、専用棚やラックのCDもすべて出しておきます。