文字サイズ

間取りを考えるコツ

引越をスムーズに進めるために、事前に決めておきたい間取りのコツをご紹介

引越当日に慌てないよう、新居の間取りは事前にしっかり決めておきたいもの。
新居に必要な家具・家電を整理しながら、新しい間取りをシミュレーションしてみましょう。

新居のサイズを測りましょう

1.

背の高い家具を置く場合には、天井や梁までの高さが重要になります。

2.

奥行きのある洋ダンスなどは、角に配置するとスペースが有効に使えます。

3.

コンセントやアンテナ位置は見落としがち。あらかじめ確認しておけば、テレビや家具の位置が決めやすくなります。

4.

エアコンの取り付け位置にも注意が必要。排気口からできるだけ近い位置に設置します。また、吹き出し口の前には背の高い家具は置けません。

5.

引越当日に大きな家具が入らないことのないように。入り口の幅や高さ、階段下の高さ、曲がり具合、室内の張り出し部分なども確認しておきましょう。

手持ちの家具を整理しましょう

引越を機に処分するもの

どの家具をどのようにして処分するか、事前に考えて手配を進めておきましょう。

家具・家電の処分方法

  • 現在お住まいの市区町村の制度に従って処分してください。
  • 当社によるお引き取りをご希望の場合は、事前にお申し付けください。
    • オプショナルサービスにて不用品の引き取りが可能です。
  • 洗濯機、冷蔵庫・冷凍庫、エアコン、ブラウン管テレビ、液晶テレビ・プラズマテレビ、衣類乾燥機を処分するには「家電リサイクル券」の貼り付けが必要です。(最寄りの郵便局で購入できます)
  • パソコンの処分方法は各メーカーにご確認ください。(当社ではお引き受けできません)
  • まだ使える家具、家電を友人・知人へお譲りされる場合、オークションに出品する場合には、輸送に便利な「らくらく家財宅急便」をご利用ください。
  • 引越の際、不用になった家具・家財の買い取りも承っています。詳しくはこちら

新居で引き続き使うもの

新居での配置を決めるためにサイズを測っておきましょう。

新たに購入するもの

新居のサイズに合わせて購入しましょう。

  • 当社カタログをぜひご利用ください。

新居の家具レイアウトを決めましょう

新居の家財配置図を書いておくと、引越がスムーズに進みます。

ページの先頭ヘ