サイトのご利用について

免責事項

ヤマトホームコンビニエンス株式会社(以下、当社)は、本サイトに掲載された情報に関し、いかなる保証もするものではありません。情報を掲載する際には細心の注意を払っておりますが、万一情報の内容に誤りがあった場合でも当社およびそのグループ会社は一切責任を負いかねます。
当社は、本サイト上の情報を予告なく変更することがあります。また、本サイトの運営を中断または中止させていただくことがあります。あらかじめご了承ください。
なお、本サイトのレイアウト、デザイン、およびイラストに関する著作権は当社に帰属します。

閲覧ブラウザについて

本サイトを快適にご利用いただくために、インターネットに接続可能なパソコンと下記の条件を満たした環境をおすすめいたします。これ以外の環境でご利用いただいた場合、本サイトの利用に必要な機能が使用できず、画面が正常に表示されない、動作しない等の現象が起きることがありますことをあらかじめご了承ください。

推奨ブラウザ

本サイトは、下記ブラウザのご利用を推奨しています。

  • Windows
  • Mac
  • Internet Explorer 6.0以上
  • Safari 4.0以上
  • Safari 4.0以上

セキュリティ 〜SSL証明書「SHA-2」方式について〜

現在、弊社が提供しております法人様向けサービス「J-cat」ならびに「Web-EDI」では、通信の内容を安全に保護するため、暗号化通信を利用しております。お客様に安心してご利用いただくためのセキュリティ強化として、8月24日夜間にサーバー証明書を従来の「SHA-1」から「SHA-2」方式に変更いたします。これにより2016年8月25日以降は、「SHA-2」方式に対応していない端末環境からのご利用ができなくなります。お客様のご利用されている端末環境が下記に該当している場合は、OSやブラウザのバージョンアップ等でご対応いただけますようお願い申し上げます。

証明書移行の経緯

暗号化通信の電子証明書に利用されている暗号アルゴリズムの安全性は技術の進歩により徐々に低下しておりますが、その中でもハッシュ関数「SHA-1」は解読されるリスクが高まっているとされています。これを受けてMicrosoft社よりWindowsは2017年1月1日より「SHA-1」証明書でのSSL(暗号化)通信を拒否するという指針が出ております。(事実上、2017年1月1日より、「SHA-1」を利用したWindows製品での通信ができなくなります。)

対象のサイト

「SHA-2」方式へ変更するサイトは以下のとおりです。

  • システム名
  • 詳細
  • URL
  • URL
  • 転勤引越支援システム
  • https://www.j-cat.jp
  • Web-EDI
  • 家財宅急便支援システム
  • https://www.j-cat.jp/webedi/index.html

ご利用ができなくなる端末環境について

【PC】

  • OS
  • Windows XP SP2 以前
  • ブラウザ
  • IE6.0 SP2 以下

次のシマンテック社が提供している「SHA-2」テストサイト
【https://ssltest-sha2int.jp.websecurity.symantec.com/】にて対応適合確認ができます。

  • ※正しくアクセスできた場合はエラーやセキュリティ警告が表示されずに[This page is for TEST SHA256 SSL Certificate.]と表示され、「SHA-2」方式に対応しているご利用環境となります。

  • ※接続エラーになった場合はエラーやセキュリティ警告が表示され、「SHA-2」方式に対応していないご利用環境になりますのでバージョンアップ等のご対応をお願いします。(表示内容はお使いのブラウザなどにより異なります。)

【携帯電話】

  • 携帯電話
  • 発売開始が主に2009年以前の携帯電話

推奨環境について

「J-cat」ならびに「Web-EDI」の動作環境は以下を保証しております。

  • OS
  • Windows7
  • ブラウザ
  • IE8.0

その他

「SHA-2」への対応状況はシマンテック社サイト をご確認いただけますようお願い致します。
本件に関するお問合せは弊社営業窓口担当者宛てにお願いいたします。

Javascript

本サイトではJavascriptを使用しているコンテンツが一部ございます。 お使いのブラウザでJavascriptの設定を無効にされている場合、正しく機能しない、もしくは正しく表示されないことがあります。すべてのコンテンツをご利用いただくには、ブラウザ設定でJavascriptの設定を有効にしていただく必要があります。

必要なプラグイン

当サイトの一部のコンテンツでは、Adobe® Flash® Player、Adobe® Reader®を使用しておりますので、記プラグインをインストールしていただく必要があります。