ペットの輸送・注意事項

ペットの輸送についてのご注意事項です。ご利用の際に必ずお読みください。

お預かりできないペットの種類
    • ●生後3ヵ月未満

    • ●魚類(関東県内からのお預かりのみ可能)

    • ●家畜・国際保護動物など

    • ●感染・伝播する病気にかかっている

    • ●輸送に耐えうる健康状態ではない

    • ●狂犬病ワクチンおよび混合ワクチン未接種の犬

    • ●土佐件(ただし専用ケージがある場合は応相談)

    • ●凶暴性のある動物で、ケージからの出し入れが
      困難な場合

    ※その他詳細は、お問い合わせください。

ペットをお運びする前の諸注意
  • ●輸送前には軽い散歩を実施してください。(排尿・排便が目的です)

  • ●犬・ネコの場合、輸送5〜6時間前より食事をお控え願います。(ただし水は通常通りで結構です)

  • ●犬においては、狂犬病予防法に基づく処置がされていることをご確認ください。

  • ●感染伝播する病気にかかっていないことをご確認ください。

  • ●健康状態が良好であることをご確認ください。

万が一の保障について

ペット(犬・猫)のケガ・死亡・逃走について

輸送途中で万が一事故などが発生、ペットに損害を与えた場合の保証は以下のとおりです。

  • ●ケガの場合、医師による治療費を限度とし、運賃などの総額を賠償上限とします

  • ●死亡・逃亡の場合、輸送担当規定のペット補償の範囲内で賠償させていただきます。

※その他のペットに関しては条件が変わります。詳しくはお申し込みの際に交わす「生体貨物輸送に関する承諾書」をご確認ください。

責任の範囲
  • ●ペットのお預かり時からお引き渡しより2日後までを補償の範囲とし、当社または協力会社の原因で発生した事故などに限り、その責任を負います。(天災など不慮の事故に関してはこの限りではありません。あらかじめご了承ください)

※その他のペットに関しては条件が変わります。詳しくはお申し込みの際に交わす「生体貨物輸送に関する承諾書」をご確認ください。